2010年12月15日

師走だ〜

今年も残すところあとわずか・・・

先月、なながお世話になった病院で、今月はミルクがお世話になりました病院
かかりつけの病院が休診日の先週木曜。
少し遠いけど、年中無休の医療センターへ・・・車(セダン)

右目が赤く涙が出ていたミルク。
金曜日まで待とうかと思ってみたものの
何かの拍子に目を傷つけていて、視力にかかわることになったら大変と
あとで後悔しない選択をしました。

結果、傷付いてはいないけどばい菌が入ったのか、炎症を起こしているということで
目薬が2種類出て一苦労〜たらーっ(汗)
そうですよ。
可愛い顔をしたミルクちゃん、獣と化しました顔(なに〜)
そりゃあもう大変な格闘でございました。
私も、ケガする覚悟です顔(チラッ)

しばらくの間、私と目が合うのを避ける。
         私が名前を呼ぶと逃げる。
         私が動くと身構える。
このような症状が見られました・・・バッド(下向き矢印)

今は良くなり、ファンヒーターの前でゆる〜りする毎日に戻りましたかわいい


今回、医療センターの待合でお隣にいた8歳のダックス♀ちゃん。
日曜日にヘルニアの手術をしたばかりでした。
別に居合わせた8歳のダックス♂君も6歳の時ヘルニアの手術をして
術後2日ほどで歩いたと言われてたけど
すごく痛がって泣くという症状から始まり、かかりつけの獣医さんに4〜5回
連れて行った結果、手術する段階ではないと言われたそう。
それでも痛がって、動けない子を見て医療センターに駆け込んだら
逆に、どうしてここまで放っておいたのかと緊急オペになったと言われてた。
それ以来ずっと、医療センターでお世話になっているらしい。

医師の見解や判断はそれぞれ違うけど、結果良ければすべて良しにするには
飼い主の判断も重要だし、よく聞くセカンドオピニオンの存在も必要だと確信した。
これは、人も同じだと思う。


さて、久々のツーショットカメラ

1012-1.jpg

今日も元気で過ごせることにありがとうぴかぴか(新しい)
ニックネーム milkmama at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする