2010年12月20日

気になること

当分行ってなかった義姉の家に、用があって行った。
随分前にチラッと聞いていたことだけど、すっかり忘れていた。

チワワ・トイプー・シュナウザー
家の一角を改造して、繁殖させている。

初めてその話を聞いた時は、こんなに身近に短絡的な人間がいたのかと腹立たしく思い、
弟である主人には、今のペットを取り巻く環境や現実について私なりに話した。

もちろん、可愛いわが子の産んだ子を見たい
その子と共に一緒に飼いたいという理由ではない。
お小遣い稼ぎ、「お仕事」だそうです・・・


今、要らなくなったからと捨てられる子が沢山いること
処分に持ち込まれる子が沢山いること
まだ1年と生きていない子まで殺処分されようとする現実。

その子たちを救い出してケアし、里親さんを探してる人たちも沢山いることを話しました。


おそらく・・・
いくら話しても、響くことはない。
それはそれ、これはこれの考えだと思います。


元々の飼い犬だったダックスは、足回りの毛も伸びて少し臭いを放って
ケージの中にいました。
飼っているのは聞いていたけど、何年も行ってなかったので
見るのは初めてでした。
それでも、通じるものがあったのかな・・・
そばに行くと静かに尾を振り、まっすぐに私を見て視線を逸らせることはありませんでした。
目は口ほどに物を言う
人と人の間にも・・・
人と動物の間にも・・・
不憫です。

帰り際、「この子なら引き取る。」と言って帰ったけど
帰宅後、その話を主人にしたら
お義姉さん、私には言わなかったけど、主人には「この子をもらって。」と既に言ってたらしい。

一体、なんなんだろう?
理解できない。
理解したくもないが、あの子のことは気になる・・・
ニックネーム milkmama at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする